XMTradingからの出金方法とルールについて

この記事は約9分で読めます。

XMTradingに限らず、海外FX業者から出金する際は少しルールがあります。

特に海外FX初心者の方はつまづきやすいと思うので、今回は出金方法とルールを分かりやすくまとめていきます。

『結局どの出金方法がいいの?』
『どうやって出金すればいいの?』

という方も、ぜひ参考にして下さい。

 

結論からいうと、一番オススメの出金方法は『International Wire Transfer(銀行送金)』です。

というよりもこの方法じゃないと利益を出金する事が出来ません。

XMTradingの出金方法一覧

まず初めに、XMTradingで利用できる出金方法とその限度額・手数料の一覧を載せておきます。

最低出金額 出金限度額 利益の
出金
着金
時間
手数料
International
Wire Transfer
10,000円 制限なし 可能 1~
5営業日
無料
クレジットカード 500円 入金額まで 不可 1週間~
2ヶ月
無料
Bitwallet 500円 入金額まで 不可 24時間以内 無料
STICPAY 500円 入金額まで 不可 24時間以内 無料
BXONE 500円 入金額まで 不可 24時間以内 無料

※利益の出金については後ほど説明します。

 

XMTradingで使える出金方法はこの5種類です。

最初にある『International Wire Transfer』というのは銀行送金の事で、最低1万円以上の出金が必要ですが制限なしでいくらでも出金が可能です。

またクレジットカードへの出金といわれてもピンと来ないかも知れませんが、ようは『利用履歴のキャンセルによる返金』を受けられるようになります。

 

そしてBitwallet・STICPAY・BXONEというのはオンラインウォレットの名前です。

オンラインウォレットとは『ネット上に財布代わりの口座を作れるサービス』と覚えておいてください。

これはXMTradingだけでなく他の海外FX業者への入出金にも使えます。

XMTrading⇒オンラインウォレットへの出金には手数料がかかりませんが、オンラインウォレット⇒銀行口座への出金には各サービスの手数料が必要となります。

 

出金時間については、ごく一般的だと思います。

クレジットカードへの返金はカード会社によって返金処理をするタイミングが異なるので、一概にこれぐらいとは言えません。

また銀行送金はどうしても他より時間がかかりますが、オンラインウォレットについては遅くとも24時間以内には反映してくれます。

 

また利益の出金が可能なのは『International Wire Transfer(銀行送金)』のみとなっています。

これを説明するために、XMTradingの出金ルールを先にお伝えします。

XMTradingの出金ルール5つ

XMTradingから出金する際は、以下のルール・注意点を覚えておきましょう

  1. 入金方法と出金方法を一致させる
  2. 出金には優先順位がある
  3. 利益分の出金は銀行送金のみ可能
  4. 出金時は証拠金維持率150%以上を保つ
  5. ボーナスは出金額に応じて消滅する

これらを知らないままだと、出金申請を断られたりスムーズに出金できない可能性が高いです。

ルール1.
入金方法と出金方法を一致させる

XMTradingを始め他の海外FX業者では、必ずマネーロンダリング対策を行っています。

そして防止策として『入金方法と出金方法を一致させる』というルールがあります。

つまり、

  • 入金:クレジットカード
  • 出金:Bitwallet

こういう出金はできないという事です。

 

クレジットカード入金をした場合は必ずクレジットカードへ、Bitwallet入金をした場合は必ずBitwalletへ出金する必要があります。

このルールに従っていない場合は、出金申請が通らないかXMTrading側で変更される可能性が高いです。

ルール2.
出金には優先順位がある

そして複数の入金方法を利用していた場合には、優先順位に従って出金が行われます。

これに従っていない場合も、出金申請が通らないかXMTrading側で変更される可能性が高いです。

 

出金の優先順位

1位:クレジットカード
2位:オンラインウォレット
3位:銀行送金

 

なので例えば、

  • クレジットカード入金:5万円
  • Bitwallet入金:10万円

このように入金した人が、損失を出して10万円を出金するとします。

優先順位は『クレジットカード>Bitwallet』なので、

  • クレジットカード出金:5万円
  • Bitwallet出金:5万円

このようになります。

つまりクレジットカードにまず5万円を出金したうえで、残ったお金をBitwalletへ出金するということです。

また、

  • Bitwallet入金:5万円
  • 銀行送金:10万円

この人が10万円を出金する場合も考えてみましょう。

優先順位は『Bitwallet>銀行送金』なので、

  • Bitwallet出金:5万円
  • 銀行送金:5万円

このようになります。

ルール3.
利益分の出金は銀行送金のみ可能

トレードによって出た利益分については、銀行送金じゃないと出金できません。

例えば、

  • クレジットカード入金:5万円
  • Bitwallet入金:10万円
  • 銀行送金:10万円

こういう入金をした場合を考えてみましょう。

そしてこの人が10万円の利益を出したとします。

すると、

  • クレジットカード出金:5万円
  • Bitwallet出金:10万円
  • 銀行送金:20万円

このように出金することになります。

 

クレジットカードやBitwalletは『入金額と同額の出金まで』しか出来ません。

でも優先順位は高いので、まずは入金額と同額を出金します。

そして残った利益については銀行送金を使って出金するという事です。

ルール4.
出金時は証拠金維持率150%以上を保つ

XMTradingでは、ポジション(注文)を持ったまま出金する事が可能です。

ただこのときは、証拠金維持率を150%を下回らないように注意して下さい。

 

証拠金維持率とは?

これは『総資産額にたいして今保有しているポジションがどれぐらい占めているか』を表す指標です。
カンタンに言えば『今どれぐらい余裕があるのか』という事を指しています。これは『有効証拠金÷必要証拠金×100』という式で計算できます。

有効証拠金とは?

これは現時点での総資産総額のことです。
入金した証拠金に加えて、保有しているポジションの含み益・含み損を合計して計算します。

必要証拠金とは?

これはポジションを保有するために必要な証拠金のことを指します。
カンタンに言えば『いくらあればポジションを保有できるのか』という事です。

必要証拠金は『総通貨数×レート÷レバレッジ』で計算できます。
例えば10万通貨・1USD105円・レバレッジ500倍の場合は
『10万ドル×105÷500=21,000円』
が必要証拠金となります。

※必要証拠金を正確に計算する際は、XMTradingのツールが便利です。

 

なので出金と証拠金維持率の関係はこんな感じです。

(出金前)

  • 有効証拠金:50万円
  • 必要証拠金:10万円
  • 証拠金維持率:500%

(出金後)

  • 有効証拠金:20万円
  • 必要証拠金:10万円
  • 証拠金維持率:200%

このように出金すると有効証拠金と証拠金維持率が下がります

この証拠金維持率が150%を下回るような出金をした場合は、出金申請が通りません。

ルール5.
ボーナスは出金額に応じて消滅する

XMTradingでは口座開設・入金などでボーナスが貰えますが、出金時にはボーナスが消滅します。

ボーナスは出金額に応じて消滅するので、

  • 口座残高:100万円
  • ボーナス:50万円

この状態で50万円出金する場合は、

  • 口座残高:50万円(50%ダウン)
  • ボーナス:25万円(50%ダウン)

このようになります。

つまり、全体の○○%を出金すればボーナスも○○%減るという事です。

XMTradingからの出金方法

次に、実際XMTradingから出金する方法をまとめていきます。

まずはXMTradingの公式サイトへアクセスしてください。

そしてログインをして『資金の出金』というボタンをタップします。

すると出金方法一覧という画面になり、利用できる出金方法が出てきます。

この先は出金方法によりますが、指示通りに必要な情報を入力するだけなのですぐに終わります。

ですが銀行送金(International Wire Transfer)だけは少し複雑なので、今回はこちらを説明します。

銀行送金の出金手順

銀行送金(International Wire Transfer)の下にある『出金』をタップすると、以下のような画面が出てきます。

こちらには受取人に関する情報だけでなく、銀行に関する情報も入力が必要です。

ちなみに仲介銀行については未記入でOKです。

 

受取人の住所は英語表記になるので、以下のサービスを使って入力しましょう。

JuDress | 住所→Address変換
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

 

また銀行名・支店名なども英語で入力する必要があります。

ただ住所については調べないと分からないでしょうから、『○○銀行 英語 住所』などで検索するのが早くてオススメです。

また各銀行に割り振られているSWIFTコードというものを入力する必要もあるので、こちらは以下から調べるのも早くて便利です。

海外送金 SWIFTコードの一覧|ギンコード.com
海外送金に必要なSWIFTコード(スイフトコード、BICコード)の一覧。SWIFTとは?

 

銀行送金ができない銀行

・みずほ銀行(ネット支店のみ利用できない)
・ゆうちょ銀行
・新生銀行
・ジャパンネット銀行
・じぶん銀行
・セブン銀行

 

後は出金額を入力し、チェックを入れて『リクエスト』というボタンをタップしましょう。

しばらく待つと『出金処理完了のお知らせ』というメールが届くので、それから1~5営業日ほど待てば指定した銀行に着金するようになります。

 

タイトルとURLをコピーしました